子どもの未来のために「教育×IT」の便利なサービスを広げたい【役員インタビュー】

子どもの未来のために「教育×IT」の便利なサービスを広げたい【役員インタビュー】

株式会社ハグカム 取締役/CMO 石崎勇充(いしざきとしみつ)

 

1985年生まれ。明治大学商学部卒業。
新卒でApple Japanに入社し、Sales部門で拠点の立ち上げ・拡大を経験。コンテンツやアプリが主流となる時代の到来を感じ、GREEに転職。マーケティング担当として戦略・施策立案、各種プロジェクト管理を経験。友人の子育て話や自身の結婚を機に、日本の教育における課題を意識。ITに携わってきた経験から「教育×IT」で教育の可能性を広げられると確信し、2017年4月ハグカムに参画しCMO就任。マーケティングや法人営業を牽引する。「教育×IT」で便利なサービスを世の中に広め、業界に新しい変化をもたらそうとしている。

 

最先端のハードに興味を持ち、意思決定のスピード感に惹かれたApple Japanの新卒採用

 

2008年、新卒で入社したのがApple Japanでした。

入社時はiPhoneが日本で販売される前で、当時の主力製品はiPodでiPadもAppStoreもありませんでしたが、元々ガジェットやテクノロジーが好きだったので、2007年にアメリカでiPhoneが発表されたのを知って「未来が変わりそうだ」と感じ入社を決めました。

 

元々大学時代から世の中が便利になるプロダクト、かつハードに携わる仕事に興味を持っていました。世の中を便利で楽しくするプロダクトを広げていきたいと考えていたので、Appleやソニーなどを希望していましたが、実際の選考過程の中で、Appleで働いている方のレベルの高さや人柄、外資特有のスピード感に圧倒されますます魅力を感じていました。

 

入社後も在籍期間中にiPhoneやiPadが製品ラインナップに追加され世の中が一新されていくのを提供側から体験し大きなやりがいを感じました。一方でSales部門で働いていたのですが、社名から想像されるのとは真逆な泥臭い仕事も多く、名古屋に転勤しての販路拡大や家電量販店と戦ったり良い経験になりました。

 

ハードからコンテンツの時代へ、スマホシフトのタイミングでグリーへ転職

2011年に転職したのですが、その頃はiPhoneも売れてきて、iPadが販売開始され、ハードが一通り出揃った環境になりました。その中でアプリの重要度を直近で感じ、これからはアプリやコンテンツの時代が来るなと思い始めました。

 

アプリを活用し始めた企業は増え始めていましたが、その中でもソーシャルゲーム業界は、ベンチャーを中心に勢いがあり、若い方も多く活躍されているのを知って転職を決めました。ちょうどグリーもガラケーからスマホへシフトしている時期で、スマホやアプリに詳しい人材を探していたというのもありタイミングも良かったです。

 

グリーではプラットフォームの拡大やアプリのマーケティングなど幅広く経験ができました。業界自体も好調な時期や厳しい時期があったのでその中でダイナミックに変わる組織など、ベンチャーならではの面白さがありました。

 

 

世界に置いて行かれている危機感と日本の教育業界への課題意識

グリーに転職後ベンチャー企業に接する機会も多くなり、スタートアップが海外からは多く出ているのに、日本からは少ないと感じていました。特にAppleとグリーの両方を経験したからこそ、海外と日本の企業の違いを痛感し「このままでは日本は世界から置いて行かれるなぁ」と漠然と感じることが多くなりました。

 

年齢も20代後半になって周囲で結婚や子供が生まれる時期でもあったので、子どもの話をする機会が増え、「日本の教育は、ものすごく効率が悪いし、子どもの教育環境はこのままでいいのか?」と思うようにもなりました。

 

また、ゲーム業界は、アプリの技術的やマーケティング的にも最先端で、これまでの経験を活かして還元できる業界はどこだろう、とも思い始めていました。

 

 

「教育×IT」に貢献するためにハグカムへ

明確に転職活動をしていたわけではなく、色んな人に話を聞いているタイミングで元々大学時代の先輩である道村と話をする機会があり、「教育×IT」という事業領域に興味を持ちました。自分自身が世の中や未来のために貢献できることも感じたことも大きかったです。

 

他にも「教育×IT」のスタートアップはあったのですが、道村が立ち上げた会社というの要素も大きかったです。当時、ハグカムも事業を拡大にするに当たりマーケやビジネス領域の人材を探していた時だったのでお互いにタイミングが良かったです。

 

代表の道村とは大学で知り合って15年以上になりますが、とにかくバイタリティがあると感じます。
自分でやると決めたことに対する行動力は昔も今も変わりません。仕事に対してはもちろんですが、プライベートでも同じで常に行動をしているイメージです。物事にかけている時間や考えている時間が人一倍多いんじゃないでしょうか。

 

自らが便利だと思うサービスをもっと世の中に広げたい

GLOBAL CROWNの強みは、高い満足度をいただけているところです。結果的に高い継続率、LTVを産むことができます。要因は一つではなく、先生の質やレッスン内容、アプリの機能など、色々な要素ですが、それらを生み出せるチームになっていることも良い点だと思います。

 

仕事の軸としては、便利なサービスを世の中に広げていきたいと常に思っています。GLOBAL CROWNはもちろんそのひとつですが、ハグカムはこれから多くのジャンルの教育サービスを展開する予定で、それらのサービスも多くの方に使っていただける未来をつくりたいです。

 

 

ハグカムに興味を持っていただいた方、石崎と話してみたい!という方はお気軽にご連絡ください。

 

Facebook  Twitter

 

 

ハグカムの求人募集はこちら